会社概要

h201

会社概要Outline

創業 1952年8月
設立 1958年12月
資本金 6,000万円
代表者 代表取締役社長 関 耕人
従業員 170名
事業内容 自動車用部品の製造
主要取引先 スズキ株式会社、住友理工株式会社、テイ・エス テック株式会社
主要取引銀行 浜松信用金庫、三菱UFJ銀行、商工組合中央金庫

沿革History

昭和27年 [1952年] 関溶接として静岡県浜松市中沢町100番地にて創業。
昭和28年 [1953年] 浜松市山下町に本社工場を移転、関溶接製作所へ社名変更。
昭和29年 [1954年] 鈴木自動車工業株式会社様(現在のスズキ株式会社様)よりレース用オートバイ部品の製造を受注。
その後、オートバイ部品の量産取引が本格化。
昭和33年 [1958年] 資本金100万円にて株式会社神津製作所を設立。四輪車向け部品の受注を開始。
昭和36年 [1961年] 自社開発製品第一号、回転式かつお節削り器<カークA-1型>を発表、発売開始。
昭和38年 [1963年] カークA-1型を<カークC-2型>にモデルチェンジ、新発売。
昭和39年 [1964年] 増資、新資本金200万円。
昭和40年 [1965年] 増資、新資本金500万円。浜松市上島町に本社工場を移転。
昭和41年 [1966年] 増資、新資本金750万円。
昭和45年 [1970年] カークC-2型を<カークC-3型>にモデルチェンジ、新発売。
昭和51年 [1976年] 増資、新資本金1,500万円。
昭和53年 [1978年] アーク溶接ロボット第1号<安川電機モートマン>を導入。溶接加工の自動化研究を開始。
昭和54年 [1979年] 生産管理用コンピュータ<オリベッティHIP30>を導入。生産管理の電算化を開始。
昭和63年 [1988年] 増資、新資本金3,000万円。
平成元年 [1989年] 増資、新資本金6,000万円。
平成2年 [1990年] 資本金3,000万円にて専用機メーカー株式会社神津テクニカを設立。
平成4年 [1992年] 浜松市新都田町に本社工場を移転。研究開発型企業として再スタート。
平成8年 [1996年] 株式会社神津テクニカを株式会社神津製作所へ吸収合併。
平成15年 [2003年] ISO9001 認証取得。
平成16年 [2004年] 本社工場に電着塗装ラインを新設。サスペンションフレームの一貫生産ラインを実現。
平成21年 [2009年] 浜松市浜北区平口に平口工場を建設。プレスラインを都田工場より移設。
平成21年 [2009年] 平口工場に500tULプレス機を増設。
平成25年 [2013年] 平口工場に多軸ロボットプレスライン( 300tサーボプレス x2台・200tプレス x3台 )を増設。
平成26年 [2014年] 平口工場に500tブランキングプレス機を増設。
平成29年 [2017年] 平口工場に3次元レーザー加工機を導入。

アクセスマップLocations

本社

本社

本社・都田工場
〒431-2103
静岡県浜松市北区新都田4丁目5番2号
電話 053-484-1001 / FAX 053-428-4526

平口工場

平口工場

平口工場
〒434-0041
静岡県浜松市浜北区平口5281−1

Information

MENU

© KOZU SEISAKUSHO

pagetop pagetop